2015年04月15日

アマチュア人間

昭和のノスタルジックな感じが好きである。
どことなく、人間味があって、街の風景に味があって、緩い感じが心に刺さる。
例えるなら、現代がプロフェッショナル人間であるなら、昭和はアマチュア人間。
現代は斜に構えているが、昭和は前かがみ。
現代は自己の利益を最大化する印象があるが、昭和は分け合う精神を重んじる印象がある。
何というか、昭和には温かみを感じるのである。
現代は、情報があまりにも多すぎる。インターネットが普及して以降、爆発的な勢いで情報が飛び込んでくる。
で、自分は何でも知っているという錯覚に陥り、それが態度に表出するのである。
人は不完全であるからこそ、人との繋がりで、互いに無い部分を補い仲間や信頼関係を形成していく。
現代は、自立しすぎているのではないだろうか。
自立しすぎると個が強くなり、他社との関わりが軽薄になる。ちょっと他人であるものなら戦闘モード突入か無関心なのである。
私はいつまでもアマチュア人間でいたいと思う。
posted by popo at 11:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

りゅうこびゃっこけん

何気に歩いているとつわものらしき人物が近づいてきた。風貌は女だが、ガタイが鬼のようにある。
目の前まで来ると何をしておるのじゃと聞き覚えのある声が耳もとをかすめた。
なんと幼馴染の太郎衛門だったのだ。風貌が変わって分からぬとはまさにこのこと。
しばらく呆然としていると半身の体勢となり、なにやら湯気がでてきた。その瞬間。
あっ!そう、りゅうこびゃっこけんを叩き込まれたのであった。私はその場に頭から倒れこみ泡を吹いてしまった。最後には、現金を要求されるも財布を忘れた私は九死に一生を得たのである。
昔よく相対したものだが私の力が劇的に劣っていることに今更ながら気が付いたのであった。
ラベル:拳法
posted by popo at 18:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

人生一瞬を駆ける

人生を宇宙の時間軸でとらえると一瞬で終わる。この一瞬をどう生きていくかが次の一瞬を決めるのである。そう語ったカード伯爵の言葉です。
人の一生を24時間で表すと1秒にも満たないあっという間に過ぎ去るものであり、この一瞬にその人の次なる一瞬の礎となるである。
これは、その時々で起こるできごと、悩みや困難は、一生を俯瞰してみた場合、さほどたいしたことではないことを伝えています。
そんなことで悩むよりも次へ進むための明るい未来を考えた方が、人生に有意であるのです。
人は悩むものである。だからこそ、悩み続け、蓄積していくのではなく、その悩みを捨て、次のステップへ進んでいくことが大切なのではないでしょうか。
結構、重たいカード氏の言葉ですが、人生の教訓として胸に落とし込んでおくべき大切な考えだと思っています。
ラベル:人生 カード伯爵
posted by popo at 10:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。