2011年04月16日

灼熱の精神を生かす

夏は暑いのである。
ただ、悪いことばかりではありません。夏の暑さはひとときの開放感を与えてくれるものでもあります。
自分が生かされていることを感じ、生き生きとした感覚も覚えます。
そんな感覚を自分の人生にあてはめて考えるのが、哲学者ギルカードの「灼熱の精神を生かす」ということなのです。
つまりは、夏の暑い状況下で感じる開放された感覚を持って自分のやりたいことに取り組むことで、真の実力が発揮できるものであることを伝えており、精神状態が安定した中であることが示されています。換言すると集中している状態であり、アルファー波がバンバンでている精神状態なんです。
夏以外の季節でも暑い夏を思い出し、開放感を味わって、精神の集中を高めることで、これからの目標の達成が近づいてくることを示唆しているのです。
タグ:灼熱 精神
posted by popo at 22:40| カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。